学校教育目標

認めあい 支えあい 高め合う


八潮中学校校歌

             作詞 下山つとむ
             作曲 古関 裕而

1  流れ豊かな 中川の
   岸辺に萌える 葦(あし)青く
   緑野の地平を 行く雲の
   空にそびえる 雪の富士
   この国を拓(ひら)いた力
   承けて立つ 八潮中学校

2  風も薫るぞ 若人の
   心の花が咲く 窓は
   我等が信じて 行く道に
   いつも祖国の 夢がある
   この国の運命(さだめ)をにない
   いまぞ立つ 八潮中学校

3  波も綾瀬の あかつきを
   とよもす息(い)ぶき 聴け友よ
   新たな平和を 願いつつ
   八重の潮路(しおじ)も 越えて行く
   この国の栄(さかえ)を開く
   我等立つ 八潮中学校           
八潮中学校校章

校章

<校章制定について>

制定年月日 昭和38年3月14日

校章のあらわしている意味
 八條、潮止、八幡の3校(スクールのS)
    仲よく和をあらわす

図案作成者
 数野 武明 先生(山梨大学教育学部)
 

 ※校歌の歌詞にこめられた思いについては
   →http://yashiocyu.seesaa.net/archives/20130116-1.html